スカイ

ひとりごと

ささいなことで…

新年おめでとうございます



怒涛の年末

急に頼まれた専門外の仕事

家人に頼まれた急な部屋替え
(2部屋の総入れ替え)


消化不良の三が日

普段呑まないアルコール

普段食べない高コレステロール



準備不足の仕事始め

運動不足

睡眠不足



吉祥がつくから、と

昔ながらの年中行事を

大切にする身内ですが

私的には普段通りが

一番ありがたい。




ビッグイベントのように掃除するでもなく

冬眠前の動物のように食べ続けるでもなく。



適応能力が低下してきたのか

ささいなことの変化に動揺。

いつも通りが出来なくて

ストレス溜めたり、ミスしたり…



「長い休み、主婦には無用。

だって仕事がべらぼうに増えるから!」


という、ただのグチでした。あはは^^;



話変わって、年頭に

藤永 茂さん(物理学者・文筆家)の

コラムを読みました。


92才を超えて、

クラシック音楽を愛し

花を愛で。

とはいえ、つい

「あと何回?」聴けるのか

これで見納めか?

という想いが走るそう。


そんな筆者が、

「昔出会った言葉で

『私は、私より幸せな人たちの
長い列のどん尻にいるが、
私より不幸せな人たちの
長い列の先頭にいる。』

モンテーニュの随想録だったかも。


日本でも昔からある言葉
『上見りゃ切りなし、
下見りゃ切りなし』

諦めと慰めの言葉だろうが、
不幸に苛まれる沢山の人々が
いることを忘れないための
戒めでもあろう。」

と、述べておられます。

そして、

「来世に列の前の方に並びたくはなく、
現世で、あれこれいじめられて
辛い日々を強いられている人々が
なるだけ少なくなって欲しいと思う」

と締めくくられています。


JAF MATE1月号の記事です。


ささいなことで

ウロウロしている私。

「今年こそは他人の幸せを祈るのですよ!」

と、諭された気持ち…(^◇^;)スミマセン…





本年もどうぞよろしく

お願いいたします(^^)/