スカイ

ひとりごと

いじめとか不登校とか…

夏休みで

少しは気が楽に感じている

学生さんやら親御さんやらも

いらっしゃるのでは…



いじめや不登校

昔もありましたよ。

昔からありましたよ。

この先もあるのでしょうね。

戦争や紛争と同様、

永遠のテーマのような気もします。




大人になっても

いじめや欠勤の問題、ありますね。

逃げる自由など選択肢は増えますが。



学生の時のいじめは、

「それはいけないよ!」

と、注意出来る大人の不在時に

起こりますね。

審判不在、ルール無視のような

無法状態ですね。


逃げるしか方法はない気もしますが、

周りの大人は逃げる事を許してくれません。


我慢し耐えて時が経つのをひたすら待つ…




根本的な治療は施さず

対処療法ばかりで

自然治癒にすがるみたいな状態。



とは言え、ケース・バイ・ケースで

「これが正解!」も無いので

皆、悩んでしまいます。 



とりとめの無い話になりましたが、

私自身の経験から言える事は…



いじめや不登校

病気と似ていて

かかる人もいれば、かからない人もいる。

かかる時もあれば、かからない時もある。



もし、そのような状態になってしまったら

先ずは、安心・安全を確保する。

ゆっくり休ませる。

症状緩和に努める。

原因を調べてみる。

複合的な場合もあるので、

原因を一つに決めつけない。

原因が分からなくても悲観しない。



あれこれとアドバイスをくれる

教師(や医師)の話は有難く頂戴するも

子供を元気にさせるのは

親だと覚悟を決める。

でも、自分だけで抱え込まない。

何とか理解者・協力者を得る。

仕事は、細々とでも続けられるといいな。





子供は必ず元気になるし

元気にさせられると気楽に考える。



愚痴や弱音は吐いても良い時、

良い場所で思いっきり吐く。


親もしっかり食べて、お風呂に入って

しっかり寝る。



いつ解決するのか分からないから不安です。



でも、大事なのは

昨日より少しでも元気になる今日。

今日より少しでも笑顔が増える明日。




無理はしない、させない。



人生は案外長~いようですので

あまり焦らないように…。



ボチボチいっても大丈夫みたいですよ。



それに、世界は広いですし。




十人十色の人生ですから…

自分らしい毎日を過ごせるといいですね。



御自愛下さい

元いじめられっ子&元不登校児の親より