スカイ

ひとりごと

定期購読

我が家には、月一でJAF(日本自動車連盟)からJAF Mateという冊子が送られてきます。

私のお気に入り定期購読冊子です。



先月号でしたか、大阪高槻市にあるJT生命誌研究館館長の中村桂子さんのインタビューに釘付けでした。


彼女は、1936年東京生まれの理学博士。

元気ハツラツ素敵なお写真。



インタビュー記事一部ご紹介します。




科学者の彼女ですが、物事を考えるときに

「人間は生きもので、自然の一部です。その『生きものとしての感覚』から考えるのが私のやり方です。」

との事。


「生きることは、結果ではなくプロセス。効率の悪さや面倒なこと、嫌なこと、くだらないことも含めて、毎日の暮らしを大切にすることが生きることです。」


「生きものは、同じ遺伝子を持っていても、プロセスによって結果がまったく違う。それが生物の多様性で、すべての生きものは宇宙にたったひとつだけ。すばらしいことなのです。」


少子高齢化の問題も数字だけからマイナスととらえるのではなく、一人ひとりが、もっと大らかに、自分がいちばん大切に思うことは何か、自分自身で考える。自然に親しみ、生きものとしての生き方を大切にすれば、幸せな国や社会が作れるのではないかと思います。」


私にとっては、貴重なお話でした。


ちなみに、今月号では養老孟司さんが

『幸せって何だろう』

という題について

「個人の運不運は仕方がない。戦場で隣の戦友に弾が当たる。自分には当たらない。でも逆もあり得る。お互い様、仕方がない。そう勝手に思っているから、幸不幸について、本気で考えたことがない。」

のだ、そうです。

偶然にも不運・不幸に直面したら、私も

「仕方がないなぁ~」

と思うようにします…。



JAF Mate、愛読中です。