スカイ

ひとりごと

つかの間の幸せ…

今でも、そうなのだろか…



私が子供の頃は

幸せムードの世の中でも

「マッチ売りの少女」とか

フランダースの犬」だとか

決して、ハッピーエンドではない結末が

用意されているお話もセットだった…




「人生楽ありゃ苦もあるさ…」




を、いつも意識させられていた気がする…




今はどうなんだろう…






羨ましいな~と思わせる

お金持ちの話は

色々見聞きするけれど、

困っている人の話は

あまり話題にのぼらない…





深夜のNHK

悲惨なインドの

ストリートチルドレンの話を見た。

「ここまで酷いのか…」と、絶句。




スポンサーが無い放送局じゃないと

制作しないだろう内容。

深夜の放送だけどね…






対岸の火事では無いはず…





私の周りにだって、


助けを待っている子供がいるかも知れない

希望を失いそうな若者がいるかも知れない

気力を無くしたお年寄りがいるかも知れない





アンテナの感度を上げて


耳を澄ませば


私にだって出来る


手助けがあるかもしれない





「じっとしていては

何も、誰も、救われない」そうだ。



「良いことは

行ってはじめて

良いことになる」そうです。




やろうと思えば


私にだって、何かできるはず!



一日一善!だ(○`ω´○)