スカイ

ひとりごと

とうとう、あきらめました…

性格診断で、私は素直だけど頑固だそうです


姉がいて、叔母や従姉妹ばかりの女系一族。田舎の小中は男女仲悪く、高校は女子校。
常に不在の昭和な父親の家庭で育った私にとって、男性は近そうで遠い存在。


「女性は、二人目の彼氏が結婚相手になるといいそうだ」という、根拠がよく分からないある先生の言葉を素直に受けて、実行。

「戻っても良いから、一度は嫁に行ってこい!」という、ありがたいような信用されていないような父の声援に送り出されました。


それから約20年。

子供も男ばかりで、我が家に女は私一人…。


頑固な私、否、忍耐力のある私は我が家の、いや世の中の男性陣と分かり合える日がきっと来るだろうと、淡い希望を持ち続けて生きてまいりました。


でも………。やっぱり、あきらめます。
とうとう、あきらめました!


旦那・子供と私、男と女、全く違う生き物。
分かり合えるわけがなかった!!!


世の女性は、その事実に気づいているかどうか分かりませんが、男性は母親を通して「女性とは分かり合えない!」と早々に諦めていたのですね!?我が息子達は、そんな感じ…



あぁ~、どうしてそんな大切な事、もっと早くに気づいて、無駄な努力をせずに済んだ?

頑固さ、いや忍耐強さがあだとなった(>_<)



「異性でも、いつか分かり合える!」と私のように思い込んでいれば、女性は男性に過度の期待を寄せ、「わかってくれない!」と嘆き悲しみ、「どうしてわからないのか?」と責め立てるだろう。


分かり合えるはずがない、と分かり切っている男性には、そんな女性は???だろうね。


そして、この話を読んで下さる男性陣も、
「何をいまさら???」かも知れません。



でも、私には大きな気づきなのですよ!

おかげで、男性に少しでも共感してもらえたときには、一日を幸せに過ごせそうです!

そして「ありがとう!」と素直に言えそう…


追記:「男性は、7人程付き合ってから結婚を決めると良い!」とも先生言ってました。これまた、根拠は示されていませんでした…。